美容

最適な方法を選択する

doctor

肌のたるみは紫外線の影響や加齢により、真皮を支えるコラーゲンとエラスチンが緩むことで起きます。クリニックのたるみ治療には、フェイスリフト、レーザー治療、注射治療の3種類があります。たるみのタイプにより、適切な治療法を選択することで効果が上がります。

詳細を確認する...

肌の老化

美容

血流が滞ることによって起こる目の下のくまは、睡眠不足などによって起こるものです。特にこの様なくまが発展した場合においては、たるみになることが多く、たるみを解消するためには脂肪切除などの手術が良いとされています。

詳細を確認する...

バストアップ方法について

美容

手軽に胸を大きくしたいと考えている人は、美容外科クリニックへ行ってヒアルロン酸注入法によるバストアップ治療を受けるようにするとよいです。大阪には、バストアップ治療で評判になっている美容外科クリニックがありますので、相談してみることをおすすめします。

詳細を確認する...

老けて見える一番の原因は

女性に多い悩み

美容

目の下のクマは、老けて見える最大の原因と言われています。皮膚の薄い女性に出やすいことから、多くの人が改善策を求めています。さて、目の下のクマといっても種類は1つではなく、特徴別に青みがかったもの、茶色がかったシミのようなもの、皮膚がたるんだりへこんだりしてできた黒い影状のものなどがあり、それぞれ原因が違います。青みががったものは通称「青グマ」と呼ばれ、これは目の周りの毛細血管内の血液の流れが滞る血行障害が主な原因です。茶色いシミ状のものは「茶グマ」と呼ばれ、これは紫外線の影響やアレルギー等で目をこすり過ぎたこと、またメイクによる色素沈着が原因とされています。たるみやへこみによる黒い影状のものは「黒グマ」と呼ばれ、これは目の周りの脂肪が萎縮したり皮膚のたるむ老化が主な原因です。

種類別の対策

クマの治療法は、種類別に違います。血行障害が主な原因とされる青グマは、睡眠不足や目を酷使したことによる眼精疲労、冷えやストレスによって起こりやすくなっていると考えられています。そのためこのタイプの治療には、まずしっかりと睡眠を取り規則正しい生活をおくることが基本となります。茶グマの原因である色素沈着を改善するには、肌のターンオーバーを促し色素を排出することが大切です。紫外線対策や美白ケア行うことが肝心となります。最後の黒グマは、青グマや茶グマのようなセルフケアでは改善は困難とされています。こちらは、クリニックで受ける施術が最大の治療方法とされています。脂肪のたるみはそれを取り去る脱脂術、へこみにはヒアルロン酸注入でへこみを改善します。なお、治りにくい茶グマや青グマなども、クリニックのレーザー治療や漂白剤等の外用薬の処方で大きく改善できることから、今後はあらゆるタイプのクマ治療ともクリニックの施術が注目されていくとみられています。